小顔効果もあります|目を大きくして印象を変えたいなら二重のプチ整形をしよう

目を大きくして印象を変えたいなら二重のプチ整形をしよう

小顔効果もあります

女の人

ボトックスの最大の特徴は、しわの解消に効果があることです。それと同時に、小顔の効果もあります。えらの周りにある咬筋という筋肉が発達すると、筋肉が盛り上がって顔が大きく見えます。その筋肉にボトックスを注入すると、筋肉の動きを抑えて弱めることができます。結果、筋肉量が減り、えら周りがすっきりと見えるようになります。えらの骨を削るといった手術をしなくても小顔の効果があるため、人気があります。さらに、カウンセリングや施術説明などの時間を除いた施術時間は、およそ10分と短時間のため、ちょっとした時間に行うことができます。ボトックスは手術ではないため、入院の必要もありません。また、シャワーやメイクなども問題ありません。

人によっては、ボトックスを行ったあと、輪郭がだんだんと元に戻ってきてしまうことがあるので、日頃から輪郭の変化に注意します。元に戻る原因となるのは、咬筋を使う回数や強度によってさまざまです。例えば、歯ぎしりをする、ガムをかむといった行為です。歯ぎしりは、昼間であれば我慢することができますが、就寝中となると無意識で行っているため、意識することは難しくなります。その場合は、歯科医院などで歯ぎしりを予防するためのマウスピースを作成すると効果があります。また、ガムやするめなど、かむ回数が多い、かたいものを食べるのが好きといった人は、えら周りの筋肉が発達しやすく、再度えらが張ってきてしまう恐れがあります。